■コラム:日本の食&喫茶文化

旅行の中で見て、食べてきたことについて、日記を見返しながら書いていきます。
以前ブログにアップしていたものも転載していく予定です。リンクを貼っていないものは今後不定期ですが追加していきますのでお待ちいただけたらと思います。
※サイト内の記事の著作権はチャイ専門店 茶窓に帰属します。

1.沖縄

ブクブク茶

■コラム:沖縄(1) ブクブク茶

ブクブク茶とは 現代では観光用になっているような感じもするが、「明治頃までは那覇周辺でのみ飲まれ、市場などでぶくぶく茶を売り歩いていたと言われ、中流以上の家庭で家族の誕生日や出産祝い、新築祝いなどといった際にぶくぶく茶は … 続きを読む

■コラム:沖縄(2) さんぴん茶

沖縄県で飲まれているジャスミンティーのことで、中国の福建語の「香片(シャンピェン)」が訛って「さんぴん」となったと言われる。

コメントなし

■コラム:沖縄(3) 山羊汁

山羊汁とは ヤギとヤギ食について 沖縄県における飼養数は2007年度には全国の頭数の半分ほどをしめているが、1975年の42,300頭から2007年では7046頭となり6分の1ほどに急激に減っている。その背景には、都市化 … 続きを読む

コメントなし

■コラム:沖縄(4) むじ汁、ミキ

「むじ」は田芋の茎で、「むじ汁」はその田芋を利用した料理です。昔はお祝いのときなどにふるまわれたりもした伝統的な食べ物だけれど、今は健康的な食べ物として売り出しているようです。

コメントなし

2.対馬

■コラム:対馬(1) ろくべえ

サツマイモのことを対馬では孝行芋といい、1715年に対馬に薩摩から移入し、1723年の記録にはすでに「孝行芋」と記録され 、山畑で作られていました。

コメントなし
・ヤマネコ(焼酎)(準備中)