■コラム:ヨルダン(1) チャイとコーヒー

1.ヨルダンの喫茶文化



アンマン(2010/12)

ヨルダンの町の喫茶店ではチャイやコーヒーがよく飲まれていました。
商店街には小さな出前専門の喫茶店があり、チャイやコーヒーを商店まで運んでいるのをよく見かけました。

2.チャイの淹れ方、飲み方



アンマン(2010/12)

出前専門の喫茶店では大きな湯沸かしでお湯を沸かし、紅茶はヤカンで作っていました。
カップにヤカンの紅茶を半分ほど注ぎ、お湯を注いで割って完成です。
砂糖はすでに入っているので混ぜながら飲みました。
ハーブを入れてくれるお店もあり、爽やかなハーブの香りとともにチャイを楽しむことができます。



アンマン(2006/12)


アンマン(2006/12)

3.コーヒーの淹れ方、飲み方



アンマン(2010/12)

まずアラブ式にイブリックに細かく挽いたコーヒーとお湯を入れて火をかけます。
沸騰するまで待ち、小さめのカップに注げば完成です。
飲む際はコーヒーの粉が沈むのを待ちます。



アンマン(2010/12)


アンマン(2010/12)

4.喫茶店



カラク(2006/12)


カラク(2006/12)

出前専門の喫茶店はチャイやコーヒーだけを作れる小さなお店で町のいたるところで見ることができます。
座ることのできる喫茶店は男のサロンのようになっています。
チャイを飲みながらトランプや、バックギャモン、ドミノに興じたり、水タバコを吸いながらテレビを見たりしています。旅行者には入りにくい雰囲気ですが、入ってしまえば日本の喫茶店のような感じに過ごせます。


【写真】
コラム掲載写真すべて筆者撮影(2006年12月22日~2007年1月10日、2010年12月18日~2011年1月10日訪問)


■中近東への旅行は