◆ マテ茶の淹れ方

アルゼンチンやパラグアイでは、マテ茶はその時の気分に合わせて、冷水を加えて飲んだり、温かくしてミルクを加えて飲んだりしています。
ここでは簡単ですが、マテ茶の飲み方を紹介していきます。

◆温かいマテ茶の淹れ方

カップ1杯分(180ml) 茶葉2.5グラム(ティースプーン山盛り約3杯)に対し200mlのお湯(約70度)
1. お湯を沸かし1分ほど沸騰させた後、お湯を少し冷ます。
2. 茶葉2.5gを入れたポットにお湯を入れる。
3. 約2分ほど待てば出来あがり。
*日本茶と同じような感覚で入れて飲むことができます。

◆冷たいマテ茶。「テレレ」

材料と道具 購入先
マテ茶 約15g 茶窓
ミント・レモン 適量 近所のスーパー等
500ml 水道水でもOK
砂糖 適量 近所のスーパー等
マテ茶器 1つ 茶窓
ボンビーリャ 1つ 茶窓
Step1: ☆下準備 水にミントとレモンを入れてしばらく置き、味と香りが出るのを待ちます。
Step2: マテ茶器に茶葉15g、茶器の3分の2ぐらいまで入れます。 ▼ Step3: 少し傾けて茶葉を振り、細かい茶葉が上にいくようにします。
Step4: 少し容器を傾け、谷間に約15ccの冷水をゆっくり注ぎ、30秒程待ち、茶葉が水を吸ったのを確かめてからボンビーリャを容器にそって底まで差し込みます。ボンビーリャにそって15cc程の冷水を谷間にゆっくりと注ぎ、上の乾いている茶葉は濡らさないようにして下さい。 ▼ Step5: 水を注いだらすぐに飲み、また注ぐという感じで水を器に溜めずに飲みましょう。  注ぐ水は必ず同じ所に注ぎ、周りの茶葉をぬらさないようにしてください。  最初はボンビーリャから茶葉が入ってくることがありますが野菜を摂取する感覚で気にせずにお飲みください。
メニューを閉じる
×
×

カート